FC2ブログ

声紋心理分析★ヒプノセラピー東京(品川・五反田)

前世体験談

多次元ヒプノセラピー体験談・性同一性障害による葛藤を克服

 
P1000587.jpg
20代前半のAさんは、女性として生まれながら、女性であることに子供の頃から違和感を感じていました。

心理カウンセリングを受けても、なかなか自分自身を受け入れられずに、心が安定しない状態が続いていたそうです。

そして、ヒプノセラピーという療法があることを知り、青森からはるばるClover9まで来て下さいました。


【ヒプノセラピー体験談・・・20代 Aさん 】
『ありのままの自分を受け入れることが出来ました。』



◆『催眠の説明、事前カウンセリングについて』

催眠の説明はわかりやすく、誰にでもできるという優しい説明でよかったです。
カウンセリングは固くならずに安らげるかんじで、お話できました。

Yorikoさんの声は安心感のある声で、聞かれなくても自然とこちらから話すことができ、普段は誰にも話さない自分自身のことを話すことができました。


◆『催眠中の感覚 』

ここにいないような不思議な感覚になりました。
見ようとしなくても自然と頭の中に映像が見え、これといって難しいということはなく、いい気持ちで、移るものを見ることができました。



◆『誘導について』

Yorikoさんの声が頭の中にすーっと入ってくる感じで、ゆっくり話をしてくれるのでゆったり流れていくように映像が映し出され、わかりやすかったです。



◆体験からの気づき


過去のものを引きずる必要はなく、私は私であって他の人(前世の人)と被って生きる必要はないということがわかってとてもすっきりしました。

また、なぜこのような生き方をしているのか寛容に理解できるようになり、自然と自分を受け入れることができるようになりました。


あと自分自身でも驚いたのですが、昔の名前(本名/出生時に付けられた名前)に対してすごく嫌悪感を感じていたのに、
セラピーを受けてから、昔の名前で呼ばれてもあまり嫌だと感じず、新鮮に受け入れることがてきました。

名前に勝手にこじつけた観念(女であることの不自由さ)がきれいすっきり取れてしまったかのようでした。



◆ヒプノセラピー全般の感想


優しい感じのお店で落ち着く所でした。

初めにカウンセリングをし、その後に前世体験のための練習をしました。

練習の時にインナーチャイルドの存在を知ることができ、もうその時点で心が落ち着き、温かい気持ちになりました。


そして本番のピプノセラピーに入ったのですが、Yorikoさんの声がすーっと頭の中に入り込んで来る感じで、

イメージや頭の中に直感で移った映像を見ながらYorikoさんの質問に答えていきました。

得に難しいなどということはなく、本当に頭に出てきたものを言語化していきました。


私の前世は、貧しさ故に、差別を受けて、ものを投げられました。

そして、森の中に引きこもり一人静かに人生を閉じました。


受け入れてもらえないという思いが強かったのか、自分は特別な存在でありたいと強く思っていました。

それが今の私に影響していて、それを受け入れてから、私はもうすでに認められていて、

私を含めた一人一人が特別なのだとわかり、頭が軽くなりました。


私は私でいいんだと深く思うことができて嬉しいです。

私が私を一番に受け入れることが、すごく大切なことだとわかりました。

過去のものを引きずる必要はないんだとわかってとてもすっきりしました。



ピプノセラピーは、今の自分にとって必要なことが腑に落ちる感じで分かります。

今回は来て良かったと思える体験になりました。

ヒプノセラピーを受けることができて感謝しています。

もっとピプノセラピーが広がっていってほしいです。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



*Edit